さようなら「ハッピーベアル」(泉北高速鉄道5000系)

「大阪府立大型児童館ビッグバン」が泉北高速鉄道線泉ケ丘駅付近に開館されたことを記念して1995年5月より運転開始された、泉北高速鉄道(当時:大阪府都市開発)5000系5505編成の「ハッピーベアル」。当初この編成に愛称はなく「クマさん電車」と呼ばれ、2001年には終了する予定も好評のため塗装が続けられ、2009年、同館10周年を記念してこの編成の愛称が公募され、「ハッピーベアル」が採用された。

このたび5000系リニューアル工事の進捗に伴いこの編成にもリニューアルされることとなり、2017年10月1日をもって「ハッピーベアル」としての運行が終了となった。

ここでは区間急行運用の「ハッピーベアル」編成を紹介。

なお、この編成の代わりに同年10月2日より7000系7509編成による、同館とのタイアップ第2弾となるラッピング電車「フロンティア号」が運転開始。

【Movie】南海高野線堺東駅3番のりばに到着する区間急行なんば行き
↓Click to play↓
南海高野線堺東駅3番のりばに到着する泉北高速鉄道5000系ハッピーベアル区間急行なんば行き

↓続きに動画あり↓
[ 続きを読む » ]

平日夜1回のみ限定!堺東駅で泉北準急上下列車がともに泉北ライナーを通過待ち

史上初!泉北準急が特急「泉北ライナー」通過待ち@南海高野線堺東駅」に関連して、南海高野線堺東駅で平日の21時51分~57分ごろのみ見られる、泉北準急上下列車がともに泉北ライナーの通過待ちをする、極めて貴重な場面を紹介。撮影当日は、準急行がともに泉北高速鉄道5000系で運用された。

【Photo】
堺東駅4番のりばの発車標「準急 なんば」の表示。
【Photo】
準急行和泉中央行き(5000系ARROWラッピング編成)が1番のりばに到着。
【Photo】
準急行難波行き(5000系ハッピーベアル編成)が4番のりば停車中に南海11000系特急「泉北ライナー」難波行きが3番のりばを通過。
【Photo】
泉北高速鉄道12000系特急「泉北ライナー」和泉中央行きが2番のりばを通過。
↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

難波直通の泉北各停がダイヤ改正で廃止

2017年8月26日に南海高野線泉北高速鉄道線のダイヤ改正が実施されたことに伴い、これまで本数が少ないながらも存在していた南海高野線難波駅と泉北高速鉄道線を直通する各駅停車が運転取りやめとなった。

ここでは2015年12月5日のダイヤ改正から設定されていた昼間の難波和泉中央間を直通する各駅停車の映像を掲載。

【Movie】
【記録映像】6200系VVVF更新車各停和泉中央行天下茶屋駅発車
↓Click to play↓
6200系VVVF更新車各停和泉中央行天下茶屋駅発車

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

史上初!泉北準急が特急「泉北ライナー」通過待ち@南海高野線堺東駅

2017年8月26日に南海高野線泉北高速鉄道線のダイヤ改正が実施され、南海高野線堺東駅で、泉北高速鉄道線に直通する準急行が、同じく同線に直通する特急泉北ライナー」を通過待ちするパターンが生まれた。基本は和泉中央方面に設定があり、平日は難波方面にも設定された。これまで1・4番のりばに停車する列車は最大6両編成であったが、準急行には8両編成があるため、1番のりば8両編成最後尾位置には車掌がホーム乗降確認するためのモニターが設置された。

また、同日より「泉北ライナー」が増発されたことにより、2015年12月の特急泉北ライナー」運転開始時に運用された南海11000系が、2017年の2月に泉北高速鉄道12000系が運用開始されたことに伴い高野線特急「りんかん」の運用に戻って以来復活し、ラッピングも同12000系に近いものに一新された。

なお、かつては高野線区間急行が堺東駅1番のりばで、泉北準急が同駅1・4番のりばで、それぞれ同駅に停車する特急「こうや」を待避するパターンが存在した時期もあったが、各駅停車以外が通過待ちをするパターンは史上初めてとなる。

【Movie】
ダイヤ改正後は初となる8両編成の準急行和泉中央行(前4両泉北高速鉄道7000系・後4両同7020系)が1番のりばに到着し、南海11000系特急泉北ライナー」和泉中央行が2番のりばを通過後に準急行が発車するまでをノーカットで収録。
↓Click to play↓
8両編成の準急行和泉中央行が南海11000系「泉北ライナー」を通過待ち

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』 2017年8月6日通常運用開始!!

2017年8月5日より運行開始された「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」編成。翌8月6日より通常運用を開始した。
パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』に関する詳細記事→パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』 運転開始!

【Movie】
阪和線百舌鳥駅通過。三国ヶ丘駅からの上り坂でパンダの顔が「こんにちは」。
↓Click to play↓
パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』阪和線百舌鳥駅通過

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』 運転開始!

2017年8月5日より運行開始された「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」編成を使用した特急「くろしお」白浜行。阪和線大和川橋梁を渡り、浅香駅を通過する場面を収録。使用車両は287系6両のHC605編成。

このラッピングトレインは、JR西日本が2017年で発足30周年、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは2018年で開園40周年をそれぞれ迎え企画されたコラボレーション。車内も仕切扉や座席ヘッドカバーにパンダのイラストが入ったものが使用されるなど、アドベンチャーワールドをイメージするものとなっている。

【Photo】
大和川橋梁を通過
【Photo】
浅香駅を通過
【Photo】
浅香駅を通過中
【Photo】
浅香駅通過後に225系5100番台普通とすれ違い
↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

225系5100番台「シャトル」 日根野から関西空港まで乗ってみた

関西空港線日根野駅~関西空港駅間で運転される「シャトル関西空港行を、日根野駅発車前からりんくうタウン駅着発を経て、関西空港駅到着まで、225系5100番台1号車にて収録。

主に、四カ国語表示の車内案内LCDを撮影。車内放送は自動、肉声ともにあり。車窓は連絡橋上と空港島内のトンネルに入る前を収録。なお、この列車は折り返し、直通快速大阪方面行きとなる。直通快速は大阪方面へ平日朝のみ運転されている種別で、大阪環状線内各駅に停車する。

【Movie】
225系5100番台「シャトル」。関西空港駅で折り返し、直通快速大阪方面行きとなる。
↓Click to play↓
225系5100番台「シャトル」

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

MAX130km/h! 高槻駅を高速通過する列車と高速進入する新快速

JR京都線(東海道本線)高槻駅6番のりばを最高130km/hで通過する特急形電車(特急と回送)と、高速で進入する新快速を撮影。

なお、6番のりばは1番のりばとともに可動式ホームが設置されている。また、京都方での撮影が容易。大阪方は出口が近いため利用客と接触しやすく、撮影が難しい。

【Movie】683系サンダーバードなど3列車が高速で通過
↓Click to play↓
683系サンダーバードなど3列車が高槻駅6番のりばを通過

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

大和路線 221系フルカラーLEDと201系路線記号つきLED

大和路線(関西本線)や大阪環状線などで運用される221系について、側面行先表示器がフルカラーLEDに交換された車両が運用開始されている。また、201系についても、大阪環状線用の編成と同様に、行先表示LEDに路線記号が表示されるようになった。

【Movie】221系大和路快速奈良行き、天王寺駅到着。
↓Click to play↓
221系大和路快速奈良行き天王寺駅到着

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

東京駅で定期と臨時の「サンライズエクスプレス」ミュージックホーン競演!

東京駅9番線を定期運転の285系寝台特急サンライズ瀬戸・出雲」琴平、出雲市行が発車しようとしたその時、8番線に臨時運転の寝台特急サンライズ出雲91号」がミュージックホーンとともに入線!それに応えるかのように定期のサンライズもミュージックホーンを返して発車していくという、めったに見ることができない場面を撮影。

【Movie】
定期「サンライズ瀬戸・出雲」発車(右)とすれ違いで「サンライズ出雲91号」(左)が入線!
↓Click to play↓
東京駅サンライズエクスプレスすれ違い

[ 続きを読む » ]

東武特急「リバティ」「りょうもう」をとうきょうスカイツリー駅にて撮影

2017年4月21日より営業運転を開始した500系特急形電車を使用の特急「リバティ」と、一部編成が友好鉄道協定を締結している台湾鉄路管理局「普悠瑪号」に合わせた塗装となっている200系特急形電車を使用の特急「りょうもう」を、東武スカイツリーライン東武伊勢崎線)とうきょうスカイツリー駅で撮影。
なお、本列車を含めて、とうきょうスカイツリー駅から浅草駅の1駅間に限り、特急料金不要で特急列車に乗車できる。(浅草駅からとうきょうスカイツリー駅への乗車は特急料金が必要)

【Movie】
特急「リバティ会津・リバティけごん」。前半は1番線の浅草行、後半は2番線の会津田島・東武日光行を収録。いずれも前3両が「リバティ会津」、後3両が「リバティけごん」。
↓Click to play↓
特急「リバティ会津・リバティけごん」とうきょうスカイツリー駅
[ 続きを読む » ]

【乗車レポ】寝台特急「サンライズ出雲91号」 東京駅→大阪駅

2017年5月2日、臨時寝台特急サンライズ出雲91号」が東京~出雲市間で運転された。285系7両編成。当列車は定期列車「サンライズ瀬戸・出雲」の東京発では停車しない大阪駅・三ノ宮駅に停車する。1ヶ月前の時点での予約状況は満室・満席。しかし、当方はB寝台個室ソロを乗車4日前に確保できた。

【Photo】貴重!
東京駅。定期「サンライズ瀬戸・出雲」発車(右)とすれ違いで「サンライズ出雲91号」(左)が入線!
【Photo】
東京駅発車標。当列車は上野東京ライン上野方面のホームである8番のりばより発車。
[ 続きを読む » ]

京浜急行 高速通過と高加減速発着集

京浜急行電鉄は最高120km/hで運転される快特から短い駅間で各駅停車する普通までが同一の線路を使用している。ここでは平日朝ラッシュ時に大森海岸駅を高速通過、および高加減速で発着する列車の映像を紹介。

【Movie】
平日朝ラッシュ時間帯に大森海岸駅を通過する列車。一部列車は警笛を鳴らしながら通過する。ほとんどは高速で通過するが、普通列車が先行している場合などは徐行で通過することもある。また、羽田空港発着は他社局からの乗り入れ車両が中心。
↓Click to play↓
大森海岸駅を高速通過する列車
[ 続きを読む » ]

「TRAIN SUITE 四季島」運行開始!

2017年5月1日、JR東日本クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の運行が開始された。上野駅の荷物列車専用ホームを転用した13.5番線ホームを起点とし、定期列車、および通常の乗車券類で利用できる列車ではなく、JR東日本や旅行会社が主催する周遊ツアー専用列車として運行される。

使用車両はE001形(JR東日本では非公表。鉄道雑誌等で紹介。)と呼ばれる、電化区間は架線集電、非電化区間はディーゼルエンジン発電によりそれぞれ発生する電源を用いてモーターで駆動する、EDC方式の10両編成である。

【Photo】
鶯谷駅南側の歩道橋より
[ 続きを読む » ]

500系「TYPE EVA」ツアー専用団体列車

2017年4月1日と2日の2日間、山陽新幹線新大阪~博多間で、500系「TYPE EVA」編成が近畿日本ツーリストのツアー団体列車として運行された。1日が博多行き、2日が新大阪行きであった。

【Movie】
山陽新幹線西明石駅11番のりばに到着し、発車する、近畿日本ツーリストのツアー団体列車博多行。団体列車ではあるが、発車標には客扱いしない駅を含めた停車駅が表示されていた。
↓Click to play↓
山陽新幹線西明石駅の近畿日本ツーリストのツアー団体列車
[ 続きを読む » ]