特急「こうや」運転再開!しかし発車標が、、、

台風21号の影響で上古沢駅の線路故障が発生したため、2017年10月23日の始発より運転を見合わせていた南海高野線高野下極楽橋間が、2018年3月31日より運転再開。同区間を運転する特急はしばらくの間「りんかん」橋本行として運転されていたが、同日より「こうや極楽橋行として再開した。運転見合わせ期間中には新今宮駅と天下茶屋駅の発車標が反転フラップ式からLCD式に交換されたため、(特急こうや高野山極楽橋)の表示もこの日が初めてとなった。

しかし、新今宮駅発車標で次発を表示する枠の下にあるスクロール表示にはなんと、、、

【Movie】
特急こうや」が新今宮駅に到着する前後の映像。比較として4月1日の発車標もあり。
↓Click to play↓
関空紀州路快速関西空港御坊行き
[ 続きを読む » ]

2018年3月運転開始!大阪環状線内始発紀州路快速御坊行き

2018年3月17日実施のダイヤ改正により運転開始となった、大阪環状線内始発で阪和線・きのくに線直通の紀州路快速御坊行。平日は天王寺駅大阪環状線ホーム始発、土休日は京橋駅始発で、撮影日は日根野まで併結する関空快速関西空港行も含めて225系8両編成。この列車は、ダイヤ改正前日まで運転されていた新大阪駅始発快速御坊行きの後継となっているが、映像最初のとおり、天王寺駅の発車時刻繰り上げや、関空快速との併結、日根野駅以南の快速運転がなくなり各駅停車となっているなど、変更点が多い。

【Movie】
関空/紀州路快速 関西空港/御坊行きの映像。平日天王寺駅大阪環状線ホームより発車後のWESTビジョンで、寺田町駅にて「普通 大阪環状線行き」から「紀州路快速 御坊行き」に変わる瞬間や、関空快速とのWESTビジョン比較、和歌山駅到着後に特急「くろしお」の接続を待って普通として発車するシーン、発車後の和歌山駅など。
↓Click to play↓
関空紀州路快速関西空港御坊行き
[ 続きを読む » ]

2018年3月登場!阪和線225系5100番台6両編成区間快速和歌山行き

2018年3月ダイヤ改正で登場した、阪和線225系5100番代6両編成を使用した区間快速和歌山行。天王寺駅には珍しく5番ホーム(阪和3番線)に到着する普通の折り返しである。

この列車は平日のみの運転で、ダイヤ改正前は223系または225系の4両編成で区間快速熊取行であった。同じくダイヤ改正前は女性専用車両が設定される225系5100番代6両編成を使用した区間快速が平日のみ計3本あったがいずれも運転取りやめとなり、この1本のみの運転なった。また、区間快速和歌山行については、国鉄時代は主力だったものの民営化前に縮小され、ここ最近は通常ダイヤとしては1本も運転されていなかったが、このたび久々の復活となった。

【Photo】区間快速和歌山行きWESTビジョン
[ 続きを読む » ]

大阪市営地下鉄民営化!「Osaka Metro」初日の御堂筋線

2018年4月1日、大阪市交通局は、地下鉄部門が「Osaka Metro」(大阪メトロ)、市バス部門が「大阪シティバス」として、それぞれ民営化された。

ここでは、民営化初日の地下鉄御堂筋線の駅や車内・放送などの写真・映像を紹介。

・予想どおりの変更
・新旧表示混在
・これは気づかない?

などなど、過度期ならではの対応が多く見られた。

【Photo】
長居駅発車標大阪市交通局の表記が残っている。
[ 続きを読む » ]

2018年3月運転終了!新大阪駅始発の快速湯浅行き

2018年3月17日実施のダイヤ改正により運転終了となる、新大阪快速湯浅行。撮影当日は225系5100番代4両編成。WESTビジョンが駅ナンバリングに対応しているが、本列車が駅ナンバリング本格導入後の運転がないため、過度期ならではの貴重な表示である。

【Photo】駅ナンバリングに対応した快速湯浅行のWESTビジョン
[ 続きを読む » ]

連続テレビ小説「わろてんか」ラッピング電車 出発進行!

大阪市営地下鉄堺筋線と阪急線を運行する66系の66607編成に、NHK連続テレビ小説「わろてんか」のラッピング電車が2018年2月2日~3月31日の期間限定で登場!

8両編成のうち、4号車1両がラッピング車。残り7両はドア付近に番組ステッカーと2025年大阪万博招致を推進するステッカーが貼られた。その一方で、当編成のラッピング終了翌日の2018年4月1日より大阪市交通局が民営化されてOsaka Metro(大阪メトロ)となるため、大阪市交通局の通称「コマルマーク」がなくなっている。

運行区間は、他の列車と同様に堺筋線阪急千里線、阪急京都本線淡路~高槻市間。

【Movie】
天神橋筋六丁目行き天下茶屋駅発車
↓Click to play↓
「わろてんか」ラッピング電車天神橋筋六丁目行き天下茶屋駅発車
[ 続きを読む » ]

京阪電車×ちはやふる ラッピング電車は2018年3月下旬まで!

京阪石山坂本線で運行中の700形2両編成を使用した、人気漫画でアニメ・映画化もされた「ちはやふる」ラッピング車。2016年2月26日より運行中で、最終運行予定は2018年3月下旬までとなっている。

「ちはやふる」は末次由紀さんによる漫画で、それを原作としたテレビアニメが放送。さらには広瀬すずさん主演によって映画化された。その舞台のひとつに石山坂本線沿線の近江神宮があることから、京阪電鉄とのコラボレーションが実現した。

【Movie】
近江神宮前行の皇子山駅発車、石山寺行の浜大津駅発車、坂本行の浜大津駅到着を収録
↓Click to play↓
京阪700形「ちはやふる」ラッピング車
[ 続きを読む » ]

E353系「スーパーあずさ」 2017年12月23日開始!

2017年12月23日より、中央本線の特急スーパーあずさ」が新型車両で車体傾斜装置つきのE353系による運転を開始!
今後、2018年3月ダイヤ改正で、すべての「スーパーあずさ」について振子式であるE351系から一新される予定。

【Movie】
運転開始当日、松本行初列車で荻窪駅を通過する1号、松本発初列車で新宿駅に到着する4号と折り返し発車する11号松本行。11号発車時はミュージックホーンあり。
↓Click to play↓
E353系特急「スーパーあずさ」運転開始

[ 続きを読む » ]

京阪「秋のお出かけダイヤ」を振り返って

京阪本線では、2017年10月7日から同年11月26日までの土曜・休日、「秋のおでかけダイヤ」が実施された。
主な内容として、淀屋橋発出町柳行の快速特急洛楽」の定期列車5本を3000系からプレミアムカー連結の8000系に変更。加えて、3000系使用の臨時快速特急洛楽」を2本増発など大阪から京都方面への観光客に対応した列車設定が行われた。

【Movie】
秋のお出かけダイヤ実施中の京阪本線野江駅通過列車集
↓Click to play↓
秋のお出かけダイヤ実施中の京阪本線野江駅通過列車集
[ 続きを読む » ]

東部市場前駅を爆音高速通過する大和路線221系と201系

大和路線関西本線東部市場前駅2番のりばを高速通過する221系快速区間快速201系221系新快速を彷彿させる最高速度120km/hに近い走りっぷりを見せ、201系もJR東日本の中央線快速を彷彿させるが、それにはなかったホイッスルを響かせる。

【Movie】221系快速区間快速
↓Click to play↓
大和路線221系快速・区間快速東部市場前駅通過

[ 続きを読む » ]

さようなら「ハッピーベアル」(泉北高速鉄道5000系)

「大阪府立大型児童館ビッグバン」が泉北高速鉄道線泉ケ丘駅付近に開館されたことを記念して1995年5月より運転開始された、泉北高速鉄道(当時:大阪府都市開発)5000系5505編成の「ハッピーベアル」。当初この編成に愛称はなく「クマさん電車」と呼ばれ、2001年には終了する予定も好評のため塗装が続けられ、2009年、同館10周年を記念してこの編成の愛称が公募され、「ハッピーベアル」が採用された。

このたび5000系リニューアル工事の進捗に伴いこの編成にもリニューアルされることとなり、2017年10月1日をもって「ハッピーベアル」としての運行が終了となった。

ここでは区間急行運用の「ハッピーベアル」編成を紹介。

なお、この編成の代わりに同年10月2日より7000系7509編成による、同館とのタイアップ第2弾となるラッピング電車「フロンティア号」が運転開始。

【Movie】南海高野線堺東駅3番のりばに到着する区間急行なんば行き
↓Click to play↓
南海高野線堺東駅3番のりばに到着する泉北高速鉄道5000系ハッピーベアル区間急行なんば行き
[ 続きを読む » ]

平日夜1回のみ限定!堺東駅で泉北準急上下列車がともに泉北ライナーを通過待ち

史上初!泉北準急が特急「泉北ライナー」通過待ち@南海高野線堺東駅」に関連して、南海高野線堺東駅で平日の21時51分~57分ごろのみ見られる、泉北準急上下列車がともに泉北ライナーの通過待ちをする、極めて貴重な場面を紹介。撮影当日は、準急行がともに泉北高速鉄道5000系で運用された。

【Photo】
堺東駅4番のりばの発車標「準急 なんば」の表示。
【Photo】
準急行和泉中央行き(5000系ARROWラッピング編成)が1番のりばに到着。
【Photo】
準急行難波行き(5000系ハッピーベアル編成)が4番のりば停車中に南海11000系特急「泉北ライナー」難波行きが3番のりばを通過。
【Photo】
泉北高速鉄道12000系特急「泉北ライナー」和泉中央行きが2番のりばを通過。
↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

難波直通の泉北各停がダイヤ改正で廃止

2017年8月26日に南海高野線泉北高速鉄道線のダイヤ改正が実施されたことに伴い、これまで本数が少ないながらも存在していた南海高野線難波駅と泉北高速鉄道線を直通する各駅停車が運転取りやめとなった。

ここでは2015年12月5日のダイヤ改正から設定されていた昼間の難波和泉中央間を直通する各駅停車の映像を掲載。

【Movie】
【記録映像】6200系VVVF更新車各停和泉中央行天下茶屋駅発車
↓Click to play↓
6200系VVVF更新車各停和泉中央行天下茶屋駅発車

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

史上初!泉北準急が特急「泉北ライナー」通過待ち@南海高野線堺東駅

2017年8月26日に南海高野線泉北高速鉄道線のダイヤ改正が実施され、南海高野線堺東駅で、泉北高速鉄道線に直通する準急行が、同じく同線に直通する特急泉北ライナー」を通過待ちするパターンが生まれた。基本は和泉中央方面に設定があり、平日は難波方面にも設定された。これまで1・4番のりばに停車する列車は最大6両編成であったが、準急行には8両編成があるため、1番のりば8両編成最後尾位置には車掌がホーム乗降確認するためのモニターが設置された。

また、同日より「泉北ライナー」が増発されたことにより、2015年12月の特急泉北ライナー」運転開始時に運用された南海11000系が、2017年の2月に泉北高速鉄道12000系が運用開始されたことに伴い高野線特急「りんかん」の運用に戻って以来復活し、ラッピングも同12000系に近いものに一新された。

なお、かつては高野線区間急行が堺東駅1番のりばで、泉北準急が同駅1・4番のりばで、それぞれ同駅に停車する特急「こうや」を待避するパターンが存在した時期もあったが、各駅停車以外が通過待ちをするパターンは史上初めてとなる。

【Movie】
ダイヤ改正後は初となる8両編成の準急行和泉中央行(前4両泉北高速鉄道7000系・後4両同7020系)が1番のりばに到着し、南海11000系特急泉北ライナー」和泉中央行が2番のりばを通過後に準急行が発車するまでをノーカットで収録。
↓Click to play↓
8両編成の準急行和泉中央行が南海11000系「泉北ライナー」を通過待ち

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』 2017年8月6日通常運用開始!!

2017年8月5日より運行開始された「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」編成。翌8月6日より通常運用を開始した。
パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』に関する詳細記事→パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』 運転開始!

【Movie】
阪和線百舌鳥駅通過。三国ヶ丘駅からの上り坂でパンダの顔が「こんにちは」。
↓Click to play↓
パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』阪和線百舌鳥駅通過

[ 続きを読む » ]