ユーザータグ : サザンの記事 (1/1)

泉北ライナー用12000系 2017年2月新たに導入!

南海難波~泉北高速和泉中央間を結ぶ特急「泉北ライナー」に、2017年2月より新たに12000系が1編成導入される。
以下、泉北高速鉄道ニュースリリースからの引用。

「泉北ライナー」に新型特急車両12000系を導入します

「泉北ライナー」に新型特急車両が登場します!(平成29年2月予定)
南海本線の特急「サザン」として営業運転している南海12000系をベースに外観・車内のデザインを大きく変更し、個性あるものとしています。
新たな「泉北ライナー」にご注目ください。


現在は11000系を使用している「泉北ライナー」。過去には南海線特急「サザン」の12000系による代走があったが、今回はその外観や内装が大幅に変更されたものが新製導入される。

【Movie】「サザン」用12000系で代走していたころ(堺東駅通過)
↓Click to play↓
「サザン」用12000系で代走していた特急「泉北ライナー」難波行

↓続きはこちら↓
[ 続きを読む » ]

南海9000系特急「サザン」

2015年12月ごろから特急「サザン」で12000系の併結相手として運用を開始した9000系。 南海電鉄では、高野線でVVVF車と抵抗制御車の併結が数種類の組み合わせを見ることができるが、南海線では、撮影時点ではそのような組み合わせがなく、VVVF車と界磁チョッパ車の併結としてこの組み合わせが存在する。

【Movie】岸和田駅3番線に到着し、発車する特急「サザン」なんば行き(9501F+12001F)
↓Click to play↓
岸和田駅3番線に到着後発車する特急「サザン」なんば行き

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

12000系が代走する特急「泉北ライナー」

2015年12月5日より南海難波~泉北高速和泉中央間で運転開始となった特急「泉北ライナー」。2016年1月4日夕方の難波行以降、それまで11000系だった運用が、普段は南海線特急「サザン」(愛称「サザン・プレミアム」)で使用される12000系の代走運用に変更された。

【Movie】初めて南海高野線堺東駅通過3番のりばを通過する12000系で代走のなんば行
↓Click to play↓
堺東駅を通過する12000系で代走の特急「泉北ライナー」難波行

↓続きはこちら↓
[ 続きを読む » ]

泉北ライナーに12000系も充当

2015年12月5日(土)より運転開始となる特急「泉北ライナー」。
特急「泉北ライナー」誕生!2015年12月5日 南海高野線・泉北高速鉄道線ダイヤ改正も参照

主な使用車両は11000系であることは上記記事からのリンクで確定していた。

【Movie】新今宮駅を発車する高野線11000系特急「りんかん」
↓Click to play↓
南海11000系特急「りんかん」新今宮駅発車

↓続きはこちら↓
[ 続きを読む » ]

「岸和田だんじり祭」で岸和田駅に臨時停車する特急「ラピートα」

南海本線岸和田駅周辺で2015年9月19日と20日に開催の「岸和田だんじり祭」に合わせて、本来は当駅を通過する特急「ラピートα」の上り4本が臨時停車。
南海本線岸和田駅の特急「ラピートα」臨時停車

↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

【懐かしの緑色】南海10000系・7000系特急「サザン」

2015年6月13日より、「南海電鉄創業130周年&さようなら7000系記念企画」として、「懐かしの緑色」塗装と「創業130周年」ヘッドマークが掲出された10000系4両+7000系4両の特急「サザン」が運行開始。

【Movie】
特急「サザン」和歌山市行き
10000系を先頭に岸里玉出駅通過
「懐かしの緑色」特急「サザン」和歌山市行き、岸里玉出駅通過。

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

和歌山市駅(和歌山県和歌山市)

 和歌山市における南海電鉄のターミナルです。難波駅からの多くの特急・急行が終着駅となりますが、かつてほどの賑わいはなくなりつつあり、それはJRの和歌山駅のほうへシフトされた感が強いです。
 一方JRは紀勢本線の終着駅でもありますが、駅管理は南海電鉄が行っており、電車も和歌山駅との往復で運行されるのみでかつ本数が少なくICカードも利用できないため、地元の足としてはあまり利用されていません。
 そんな中、2005年4月13日にはNHKBS-hiにて「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅(春編)」の生中継があり、このときばかりはギャラリーで賑わいました。

和歌山市駅の駅舎(撮影日:2004/06/01)

和歌山市駅の情報(駅探路線図)
[ 続きを読む » ]