ユーザータグ : 紀州路快速の記事 (1/1)

関空・紀州路快速の関西空港線・阪和線方面路線記号つき種別幕

2015年3月14日のダイヤ改正に合わせて、阪和線と関西空港線に直通する快速において、大阪環状線内で運転中からそれぞれの路線記号がついた種別幕が表示されるようになった。
JR西日本が導入中の路線記号つき種別幕の導入に伴うもので、大阪環状線に直通する列車には、大阪環状線の列車とひと目で判るようにと統一した模様だが、関西空港線・阪和線方面の列車にはそれぞれの路線記号が表示される。
関空快速には飛行機のマークも表示。

関空・紀州路快速種別幕
併結中は3種類
(撮影日:2015/03/14)
223系関空・紀州路快速天王寺行き 京橋駅発車

↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

関空・紀州路快速に大阪環状線仕様の赤いラインの種別幕

2015年3月14日のダイヤ改正に合わせて、大阪環状線に直通する阪和線・大和路線の快速において、大阪環状線仕様の種別幕が表示されるようになった。
JR西日本が導入中の路線記号つき種別幕の導入に伴うもので、下り列車にはそれぞれの路線記号が(関空快速には飛行機のマークも)表示されるが、大阪環状線に直通する上り列車には、大阪環状線の列車とひと目で判るようにと統一した模様。
関空快速には必ずついていた飛行機のマークもなくなった。

223系関空・紀州路快速
赤いラインで路線記号は「O」
(撮影日:2015/03/14)
223系関空・紀州路快速天王寺行き 京橋駅発車

↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

2011年3月12日JR西日本ダイヤ改正(阪和線・関西空港線・きのくに線関連)

阪和線は2010年ダイヤまでの10分ヘッドから15分ヘッドに変更される大改正
(注目点)
○昼間時間帯の天王寺~鳳間の快速列車が毎時6本→8本に増発(区間快速含む)

○昼間時間帯の快速・区間快速通過駅および日根野~関西空港・和歌山間は毎時4本停車に
 1.各駅停車列車のみの停車が毎時6本→4本に削減される駅
  (普通のみ)美章園・南田辺・鶴ヶ丘・長居・我孫子町・杉本町・浅香・百舌鳥・上野芝・津久野
  (区間快速のみ)富木・北信太・信太山・久米田・下松・東貝塚・和泉橋本・東佐野
 2.各駅停車列車のみの停車が毎時2~3本→4本に増加する駅
  (関空快速のみ)りんくうタウン・関西空港
  (紀州路快速のみ)長滝・新家・和泉鳥取・山中渓・紀伊中ノ島
  ※「各駅停車列車」の定義
   天王寺~鳳間→普通 鳳~日根野間→区間快速
   日根野~関西空港間→関空快速 日根野~和歌山間→紀州路快速

(プレスリリース詳細)
・昼間時間帯の関空・紀州路快速を毎時3本→4本に増発
 →2010年12月1日より運用開始された225系を追加新製投入。15分ヘッドに。
  ※大阪駅直通は快速、関空・紀州路快速、直通快速あわせて平日13本、土休日15本を増発
  ※大阪環状線大正駅にすべての快速が停車
 →紀州路快速を日根野~和歌山間各駅停車に(朝通勤・夜間時間帯をのぞく)。

・昼間時間帯の天王寺~日根野間に区間快速を毎時4本設定
 →鳳~日根野間を各駅に停車。関空・紀州路快速通過駅は区間快速のみ停車。

・昼間時間帯の鳳~和歌山間の列車本数の見直し
 →普通列車は天王寺~鳳間のみ運転。同時に同区間毎時6本→4本に削減。

・特急「はるか」昼間時間帯の臨時列車6往復の運転取りやめ
 →1日30往復から24往復に見直し。
  ※関西空港へのアクセスは上記関空快速増発で本数確保

・朝夕通勤時間帯の「はんわライナー」の運転取りやめ
 →朝通勤時間帯上りはほぼ同時刻で快速を運転。
 →夕通勤時間帯下りの和泉砂川駅に特急2本増停車。

・きのくに線古座駅・太地駅に特急増停車
 →古座駅2往復、太地駅1往復の増停車。

・海南駅始発の「スーパーくろしお2号」の海南~和歌山間を臨時列車→定期列車化

・特急「くろしお」などの運転区間・停車駅の一部を見直し
 →京都~新大阪間を4.5往復から3往復に、白浜~新宮間を9往復から7往復に。

[ 続きを読む » ]

日根野駅(大阪府泉佐野市)

 阪和線と関西空港線の分岐駅である日根野駅です。駅のそばには空港利用客を見込んだホテルが建っています。しかし、改札口は南側1ヶ所のみです。

駅南の踏切から見た日根野駅(撮影日:2002/10/17)

日根野駅の情報(駅探路線図)
↓続きに動画あり↓
[ 続きを読む » ]