ユーザータグ : 自動放送の記事 (1/1)

定期の「白線急行」復活!春木は臨時停車? 南海本線8300系急行泉佐野行き

2017年1月28日の南海本線ダイヤ改正で、難波発最終列車で前日までの区間急行羽倉崎行を1駅だけ運転区間短縮し、終点で羽倉崎行に接続する形に変更された、急行泉佐野行が運転開始された。

泉佐野までの停車駅は空港急行または区間急行と同じで、和歌山市・和歌山港発着の急行停車駅に春木が追加される。かつては羽倉崎行についても急行と称し、春木停車のものについては種別文字の両端に「-急-」「-急行-」のように白線がついていたため、俗に「白線急行」と呼ばれた。しかし、関西空港開港に伴い、泉佐野行や羽倉崎行の白線急行が空港急行に振り替えられ、更には区間急行の種別新設(事実上、かつての種別色が赤の準急行から種別名称変更)によって僅かに残った羽倉崎行は区間急行に変更されたため、定期運転での「白線急行」は消滅し、和歌山市または和歌山港発着の急行が春木に臨時停車する際に運転されるに留まっていた。

この列車は定期運転での「白線急行」として復活したものの、消滅前は難波駅では旧の自動放送、旧の発車標であったため、撮影日より変更されたダイヤ改正に間に合わなかったのか不明ではあるが、自動放送、発車標ともに春木に臨時停車する扱いで案内されている。なお、発車後車内の自動放送やLCDでは「臨時停車」の文言はなかった(発車前は不明)。

【Photo】難波駅の「白線急行」発車標。春木駅は臨時停車扱い。
春木駅は臨時停車扱いの難波駅「白線急行」発車標

【Photo】8300系の「白線急行」泉佐野行きの表示。
8300系の「白線急行」泉佐野行きの表示

↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

大阪環状線323系 運用開始!

2016年12月24日、大阪環状線新型車両として323系が運用開始された。
これまで活躍してきた103系と201系が4ドア車であるのに対し、323系は3ドア車であることが特徴。4号車に女性専用車両が設定され、シート形状がロングシートで編成上にトイレが設置されていないのは引き継がれているが、ドアの数については阪和線や大和路線から乗り入れてくる快速に合わせた形となった。
また、車外はLEDがフルカラー表示となり、車内は4ヶ国語対応の液晶ディスプレイ自動放送が標準となった。
この記事では運用開始初日の様子を紹介。

【Movie】寺田町駅到着。種別LEDクリスマスツリーが表示された。
↓Click to play↓
大阪環状線323系寺田町駅到着

【Movie】車内液晶ディスプレイ自動放送(鶴橋~玉造間)
↓Click to play↓
大阪環状線323系車内LCD鶴橋から玉造

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

駅ホームでの自撮り棒・マイク禁止の理由は「列車との接触や感電」

JR西日本は、駅ホームでの自撮り棒(セルフィースティック)の使用を2015年9月19日より禁止にすると発表。
http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/09/page_7657.html

以下、一部引用。

ホームでの「自撮り棒」の使用を禁止させていただきます

 JR西日本では、安心してご利用いただける駅づくりとホームでの事故防止を目的に、新幹線および在来線のホームにおける「自撮り棒(セルフィースティック)」の使用を禁止させていただくことといたしました。
 「自撮り棒」を伸ばして使用されることにより、周りのお客様のご迷惑になるだけでなく、列車との接触や架線(電線)に近づくことによる感電などの危険性があるため、ホームでの使用を一律禁止とさせていただくものです。安全で快適な駅づくりに向け、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。



禁止する理由は、

 1.周囲の客に迷惑をかける
 2.列車との接触や架線に近づくことで感電の可能性

ということは、音鉄氏による、駅ホームの高いところに吊り下げられているスピーカに録音機材、つまりマイクを掲げる行為も引っかかるのではないかと思ったところ・・・
音鉄さん録音
[ 続きを読む » ]