ユーザータグ : 難波駅の記事 (1/1)

定期の「白線急行」復活!春木は臨時停車? 南海本線8300系急行泉佐野行き

2017年1月28日の南海本線ダイヤ改正で、難波発最終列車で前日までの区間急行羽倉崎行を1駅だけ運転区間短縮し、終点で羽倉崎行に接続する形に変更された、急行泉佐野行が運転開始された。

泉佐野までの停車駅は空港急行または区間急行と同じで、和歌山市・和歌山港発着の急行停車駅に春木が追加される。かつては羽倉崎行についても急行と称し、春木停車のものについては種別文字の両端に「-急-」「-急行-」のように白線がついていたため、俗に「白線急行」と呼ばれた。しかし、関西空港開港に伴い、泉佐野行や羽倉崎行の白線急行が空港急行に振り替えられ、更には区間急行の種別新設(事実上、かつての種別色が赤の準急行から種別名称変更)によって僅かに残った羽倉崎行は区間急行に変更されたため、定期運転での「白線急行」は消滅し、和歌山市または和歌山港発着の急行が春木に臨時停車する際に運転されるに留まっていた。

この列車は定期運転での「白線急行」として復活したものの、消滅前は難波駅では旧の自動放送、旧の発車標であったため、撮影日より変更されたダイヤ改正に間に合わなかったのか不明ではあるが、自動放送、発車標ともに春木に臨時停車する扱いで案内されている。なお、発車後車内の自動放送やLCDでは「臨時停車」の文言はなかった(発車前は不明)。

【Photo】難波駅の「白線急行」発車標。春木駅は臨時停車扱い。
春木駅は臨時停車扱いの難波駅「白線急行」発車標

【Photo】8300系の「白線急行」泉佐野行きの表示。
8300系の「白線急行」泉佐野行きの表示

↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

南海9000系特急「サザン」

2015年12月ごろから特急「サザン」で12000系の併結相手として運用を開始した9000系。 南海電鉄では、高野線でVVVF車と抵抗制御車の併結が数種類の組み合わせを見ることができるが、南海線では、撮影時点ではそのような組み合わせがなく、VVVF車と界磁チョッパ車の併結としてこの組み合わせが存在する。

【Movie】岸和田駅3番線に到着し、発車する特急「サザン」なんば行き(9501F+12001F)
↓Click to play↓
岸和田駅3番線に到着後発車する特急「サザン」なんば行き

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

12000系が代走する特急「泉北ライナー」

2015年12月5日より南海難波~泉北高速和泉中央間で運転開始となった特急「泉北ライナー」。2016年1月4日夕方の難波行以降、それまで11000系だった運用が、普段は南海線特急「サザン」(愛称「サザン・プレミアム」)で使用される12000系の代走運用に変更された。

【Movie】初めて南海高野線堺東駅通過3番のりばを通過する12000系で代走のなんば行
↓Click to play↓
堺東駅を通過する12000系で代走の特急「泉北ライナー」難波行

↓続きはこちら↓
[ 続きを読む » ]

JR難波駅(大阪市浪速区)

名古屋が起点の関西本線(加茂~JR難波間の愛称:大和路線)が終点となる駅です。
元々は地上のターミナルで、ここの地名である「湊町」が駅名でした。現在は地下化されて駅名改称されましたが、実際には難波地区とは少し離れており、地下鉄四つ橋線なんば駅以外の「難波(なんば)駅」まではある程度の徒歩を強いられます。
なお、当駅の上のビルはOCAT(大阪エアシティターミナル)となっています。本来の業務は関西空港国際線のチェックインだったのですが、立地条件が悪い上に海外旅行客が少ない為、2002年3月にチェックイン業務が中止されました。その代わり、2Fバスターミナルが関西空港、伊丹空港へのリムジンバスはもちろん、主要都市や観光地と結ぶ高速バスの発着地として賑わっています。

地下1階にあるJR難波駅入口
(撮影日:2001/08/31)
[ 続きを読む » ]