2010年12月の記事 (1/1)

2011年3月12日JR西日本ダイヤ改正(阪和線・関西空港線・きのくに線関連)

阪和線は2010年ダイヤまでの10分ヘッドから15分ヘッドに変更される大改正
(注目点)
○昼間時間帯の天王寺~鳳間の快速列車が毎時6本→8本に増発(区間快速含む)

○昼間時間帯の快速・区間快速通過駅および日根野~関西空港・和歌山間は毎時4本停車に
 1.各駅停車列車のみの停車が毎時6本→4本に削減される駅
  (普通のみ)美章園・南田辺・鶴ヶ丘・長居・我孫子町・杉本町・浅香・百舌鳥・上野芝・津久野
  (区間快速のみ)富木・北信太・信太山・久米田・下松・東貝塚・和泉橋本・東佐野
 2.各駅停車列車のみの停車が毎時2~3本→4本に増加する駅
  (関空快速のみ)りんくうタウン・関西空港
  (紀州路快速のみ)長滝・新家・和泉鳥取・山中渓・紀伊中ノ島
  ※「各駅停車列車」の定義
   天王寺~鳳間→普通 鳳~日根野間→区間快速
   日根野~関西空港間→関空快速 日根野~和歌山間→紀州路快速

(プレスリリース詳細)
・昼間時間帯の関空・紀州路快速を毎時3本→4本に増発
 →2010年12月1日より運用開始された225系を追加新製投入。15分ヘッドに。
  ※大阪駅直通は快速、関空・紀州路快速、直通快速あわせて平日13本、土休日15本を増発
  ※大阪環状線大正駅にすべての快速が停車
 →紀州路快速を日根野~和歌山間各駅停車に(朝通勤・夜間時間帯をのぞく)。

・昼間時間帯の天王寺~日根野間に区間快速を毎時4本設定
 →鳳~日根野間を各駅に停車。関空・紀州路快速通過駅は区間快速のみ停車。

・昼間時間帯の鳳~和歌山間の列車本数の見直し
 →普通列車は天王寺~鳳間のみ運転。同時に同区間毎時6本→4本に削減。

・特急「はるか」昼間時間帯の臨時列車6往復の運転取りやめ
 →1日30往復から24往復に見直し。
  ※関西空港へのアクセスは上記関空快速増発で本数確保

・朝夕通勤時間帯の「はんわライナー」の運転取りやめ
 →朝通勤時間帯上りはほぼ同時刻で快速を運転。
 →夕通勤時間帯下りの和泉砂川駅に特急2本増停車。

・きのくに線古座駅・太地駅に特急増停車
 →古座駅2往復、太地駅1往復の増停車。

・海南駅始発の「スーパーくろしお2号」の海南~和歌山間を臨時列車→定期列車化

・特急「くろしお」などの運転区間・停車駅の一部を見直し
 →京都~新大阪間を4.5往復から3往復に、白浜~新宮間を9往復から7往復に。

[ 続きを読む » ]

2011年3月5日東北新幹線「はやぶさ」デビュー

・東北新幹線東京~仙台・新青森間に新型車両E5系使用の「はやぶさ」デビュー
 →東京~新青森間2往復、東京~仙台間1往復設定。
 →最高速度300km/h(宇都宮~盛岡間)。
  ※東京~大宮間110km/h 大宮~宇都宮間240km/h 盛岡~新青森間260km/h
 →東京~新青森間最速3時間10分。
 →「はやて12号」の始発駅を新青森駅から盛岡駅に変更。
 →「はやて36号」の始発駅を盛岡駅から新青森駅に変更。
  ※2010年12月4日から2011年3月4日まで臨時列車として毎日延長運転中のものを定期列車化

・東北新幹線八戸駅を通過する定期列車の設定
 →下り:「はやぶさ」2本、上り:「はやぶさ」1本・「はやて」1本。
  ※上り「はやて」は上記臨時列車として八戸駅を通過しているものを定期列車化
[ 続きを読む » ]

2011年3月12日JRダイヤ改正(四国関連)

・特急「宇和海」の設定時間見直しと特急「しおかぜ」の運転区間見直し
 →特急「宇和海」松山発宇和島行、朝時間帯1本新設、深夜時間帯1本廃止。
 →特急「しおかぜ」1往復を宇和島発着から松山発着に変更。
  ※接続列車として松山~宇和島間特急「宇和海」を1往復設定。

・特急「しまんと」の設定時間見直し
 →高知発高松行、朝時間帯1本新設、深夜時間帯1本廃止。

・特急「あしずり」増発と「南風」の運転区間見直し
 →特急「あしずり」中村発高知行2本増発。
 →特急「あしずり」高知発宿毛行1本増発。
 →特急「南風」岡山行1本を中村発から高知発に変更。

・特急「うずしお」高松発徳島行1本増発

・牟岐線特急の設定時間見直し
 →特急「ホームエクスプレス」徳島行1本を阿南発から牟岐発に変更。
  ※愛称を「むろと」に変更
 →特急「剣山」阿波池田行1本を牟岐発から阿南発に変更。

・特急列車の新規停車および停車本数増加
 →新規に牟岐線阿波橘駅・新野駅に2本停車。
 →予讃線伊予吉田駅にすべての特急列車が停車。
 →予讃線伊予中山駅に4本増停車。
 →高徳線讃岐白鳥駅に2本増停車。

・予讃線快速「サンポート」を毎時2本のうち1本を普通列車に変更
 →普通列車化された1本は坂出駅で快速「マリンライナー」と接続。
 →高松~坂出間のみ運転の普通を廃止。

・土讃線普通列車の一部を1000型気動車に置き換え。

・鳴門線普通列車の一部を1500型気動車に置き換え。

・阿波池田駅に新1番のりばを新設
[ 続きを読む » ]

2011年3月12日JRダイヤ改正(JR東海全般・東海道新幹線関連含む)

・東海道新幹線 N700系使用列車の拡大
 →東海道新幹線の定期「のぞみ」の約9割をN700系で運転。

・早朝上り「のぞみ」の利便性向上
 →新大阪駅・京都駅から東京駅着8時台の「のぞみ」が最大5本に。
 →名古屋駅から東京駅着8時台の「のぞみ」が最大6本に。

・300系・700系の3号車を禁煙車両に
 →東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」の自由席はすべて禁煙に。
  ※「こだま」の15号車自由席のみ喫煙車(N700系は全席禁煙)

・名古屋~伊勢方面を結ぶ快速「みえ」の増発・増結
 →名古屋駅発伊勢市駅・鳥羽駅へ10時台に到着する「みえ」を増発。
 →伊勢市駅発名古屋駅へ8時台に到着する「みえ」を増発。
 →土休日の一部に限っていた4両編成の「みえ」を平日・土休日ともに全列車に拡大。
  ※2両編成では1号車の24席のみだった指定席が4両編成では1号車全52席に拡大。
[ 続きを読む » ]

2011年3月12日JRダイヤ改正(JR九州全般)

・九州新幹線(鹿児島ルート)全線開業
 →新鳥栖駅・久留米駅・筑後船小屋駅・新大牟田駅・新玉名駅・熊本駅が開業。
  ※新鳥栖駅・新大牟田駅・新玉名駅は新規開業
  ※新鳥栖駅は長崎本線と接続
  ※筑後船小屋駅は鹿児島本線船小屋駅を移設・改称
 →新大阪・新下関~熊本・鹿児島中央間で山陽新幹線と直通運転開始。
  ※「みずほ」4往復「さくら」11往復の計15往復が新大阪直通
  ※新大阪~熊本間最速2時間59分 新大阪~鹿児島中央間最速3時間45分
  ※新下関~鹿児島中央間の「さくら」2往復運転
 →博多~熊本間毎時4本運転、博多~鹿児島中央間毎時2本運転。
  ※博多~熊本間最速33分 博多~鹿児島中央間最速1時間19分
 →「さくら」「つばめ」と「のぞみ」「ひかりレールスター」が博多駅で接続。
  ※直通列車含めてのフリークエンシー
   新大阪~熊本間毎時4本 新大阪~鹿児島中央間毎時2本
 →800系の指定席を4~6号車に、自由席を1~3号車に変更。
 →博多~鹿児島中央間の「みずほ」「さくら」に客室乗務員が乗務。
  ※沿線案内やワゴンサービスを提供 「つばめ」には乗務なし

・宮崎~鹿児島中央間の特急「きりしま」を8往復→10往復に増発
 →485系から787系に置き換え。
 →宮崎~鹿児島中央間最速1時間59分。
 →宮崎~博多間最速3時間33分(鹿児島中央のりかえ)。
 →霧島神宮・国分~鹿児島中央間の「きりしま」の見直し。

・豊肥本線熊本~・光の森・肥後大津間に快速「豊肥ライナー」13本運転
 →同区間普通列車と合わせて17本増発、毎時3本の時間帯を拡大。

・観光特急「指宿のたまて箱」「あそぼ~い!」運転開始
 →指宿枕崎線鹿児島中央~指宿間に特急「指宿のたまて箱」を3往復新設。
 →豊肥本線熊本~宮地間に特急「あそぼ~い!」を2011年4月29日より運転。
  ※土曜・休日を中心に1日2往復運転。
  ※キハ183系「ゆふDX」を改造。

・九州新幹線に並行する鹿児島本線特急の運転体系見直し
 →特急「リレーつばめ」廃止、「有明」は早朝・通勤・深夜時間帯に7本運転。
 →特急「リレーつばめ」「有明」の門司港・小倉~博多間は特急「きらめき」として運転。

・博多~久留米・大牟田間の快速を増発(一部荒尾発着)
 →博多~久留米間毎時3本(最速33分)、博多~大牟田間毎時2本(最速62分)をそれぞれ運転。
 →九州新幹線と接続する筑後船小屋駅に全ての快速が停車。
 →鳥栖~大牟田間の普通列車を毎時2本→1本に見直し。

・大牟田~熊本間のデータイムに快速「くまもとライナー」を11本運転
 →下りは大牟田駅で、上りは荒尾駅で、それぞれ博多直通の快速と接続。

・博多~佐賀間の特急を毎時2本→3本に(一部時間帯を除く)
 →特急「かもめ」と「みどり」「ハウステンボス」の併結とりやめによる増発
  ※783系で運転のすべての「かもめ」と一部「みどり」を787系に置き換え
 →新鳥栖駅にすべての特急が停車。
  ※長崎・佐世保方面と九州新幹線熊本・鹿児島中央方面との乗換が可能に
 →一部の特急「かもめ」、肥前山口駅通過に。
 →吉野ヶ里公園駅に「みどり」1往復停車(下りは「ハウステンボス」と併結)。

・485系で運転している特急「にちりん」「ひゅうが」を787系に置き換え。
 →今改正によりJR九州の485系による定期列車としての運行終了。

・特急「ドリームにちりん」を廃止
 →博多~大分間は特急「ソニック」、延岡~南宮崎・宮崎空港間は特急「ひゅうが」を運転。
  ※大分~延岡間の運転取りやめ

・特急「かいおう」の運転時間見直し
・特急「九州横断特急」「くまがわ」の運転体系を見直し
 →特急「九州横断特急」を熊本駅で系統分割し、熊本~人吉間を特急「くまがわ」として運転。
 →特急「くまがわ」1往復廃止。

・鹿児島・宮崎地区の「さわやかライナー」「ホームライナー」を特急列車として運転
 →延岡~宮崎・宮崎空港間は特急「ひゅうが」。
 →西都城・都城~鹿児島中央間は特急「きりしま」。
 →川内~鹿児島中央間は特急「川内エクスプレス」。
 →車両はすべて787系に。

・福岡都市圏~JR博多シティへの利便性確保
 →土曜・休日に特急「きらめき」増発、特急「かいおう」運転時刻繰り下げ。
 →データイムの福間~二日市間に普通列車を増発。
  ※快速・普通合わせて毎時7本運転する時間帯の拡大
 →増発・増結により朝通勤時間帯や土曜・休日の輸送力アップ。

・佐賀~博多間の快速を1本増発
 →平日朝通勤時間帯の快速は3本に

・データイムを中心に鹿児島本線北九州地区の快速・普通列車の運転本数見直し
 →準快速を快速(小倉~福間間各駅停車)として運転。
 →小倉~折尾間、赤間~福間間の快速を毎時3本→2本に。
 →赤間~福間間の普通列車を毎時4本→3本に。
 →データイムの福北ゆたか線列車の鹿児島本線直通は黒崎駅までに変更。

・大分地区の日豊本線・豊肥本線の列車本数の見直し

・宮崎~南郷間観光特急「海幸山幸」の宮崎駅発時刻を繰り上げ
 →日南地区の滞在時間が1時間延長に。
[ 続きを読む » ]

2011年3月12日JRダイヤ改正(JR西日本全般)

・新大阪~熊本・鹿児島中央間で山陽・九州新幹線直通運転開始
 →最速達タイプ「みずほ」4往復、速達タイプ「さくら」11往復が直通運転。
 →新下関~鹿児島中央間直通の「さくら」も2往復運転。
 →「のぞみ」「ひかりレールスター」と「さくら」「つばめ」が博多駅で接続。

・東海道・山陽新幹線「のぞみ」「ひかり」の自由席が禁煙車に
 →700系16両編成と300系の3号車、および700系8両編成の2号車自由席が禁煙車に。
  ※「ひかり540号」6号車自由席のみ喫煙車

・「のぞみ」の徳山駅・新山口駅の停車回数増加と姫路駅停車回数見直し

・「ひかりレールスター」サイレンスカー設定の取りやめ
 →「ひかりレールスター」チャイルドクッションもサービス終了。

・大阪・京都~北近畿方面特急列車への新型車両(287系)投入と運転体系変更
 →新大阪~福知山・城崎温泉間特急の列車名を「北近畿」から「こうのとり」へ変更。
 →大阪方面~北近畿タンゴ鉄道への直通を中止し福知山駅乗換に変更。
  ※大阪発着「文殊」「タンゴエクスプローラー」を「こうのとり」として運転
 →京都~福知山・城崎温泉間特急の列車名を「きのさき」に統一。
  ※「たんば」を統合
 →京都~東舞鶴間特急の列車名を「まいづる」に統一。
  ※「タンゴディスカバリー」を統合
 →京都~北近畿タンゴ鉄道直通特急の列車名を「はしだて」に統一。
  ※「タンゴディスカバリー」を統合
 →以上の特急について停車駅の一部を見直し。

・大阪~北陸方面の特急列車を「サンダーバード」に統一
 →485系使用の特急「雷鳥」を681系・683系に置き換え。
 →停車駅の一部を見直し。

・特急「くろしお」などの運転区間・停車駅の一部を見直し
 →京都~新大阪間を4.5往復から3往復に、白浜~新宮間を9往復から7往復に。

・特急「はるか」昼間時間帯の臨時列車6往復の運転取りやめ
 →1日30往復から24往復に見直し。

・特急「スーパーまつかぜ」の停車駅の一部を拡大

・大阪駅へ直通する新快速・快速の利便性向上
 →阪和線・大和路線・JR宝塚線から大阪駅へ直通する快速を増発。
  ※225系投入により関西空港・和歌山発着の関空・紀州路快速を毎時3本→4本に
  ※奈良方面発着の大和路快速を毎時3本→4本に
  ※宝塚方面発着の快速を毎時2本→4本に
 →琵琶湖線・JR京都線・神戸線の土休日すべての新快速を12両で運転
  ※225系投入により土休日の新快速は米原~姫路間すべて12両に
  ※平日の新快速も7割を12両に

・琵琶湖線南草津駅に新快速が終日停車

・阪和線昼間時間帯の運転体系見直し
 →天王寺~鳳間、関空・紀州路快速と区間快速などをあわせて毎時6本→8本に。
 →紀州路快速を日根野~和歌山間各駅停車に(朝通勤・夜間時間帯をのぞく)。
 →天王寺~日根野間に区間快速(鳳~日根野間各駅停車)を毎時4本設定。
 →天王寺~鳳間の普通を毎時6本→4本に。
 →鳳~和歌山間の普通を廃止。

・大和路線昼間時間帯の運転体系見直し
 →新今宮~王寺間、大和路快速と快速あわせて毎時6本→8本に。
  ※JR難波~王寺間の快速を毎時2本設定
 →奈良~加茂間の大和路快速を毎時3本→2本に。
 →王寺~高田間の和歌山線直通の快速を毎時3本→2本に。
 →JR難波~王寺間の普通の毎時6本→4本に。
 →王寺~奈良間の普通を廃止。

・JR宝塚線快速昼間時間帯の運転体系見直し
 →宝塚発着の大阪行き快速を毎時2本設定。
  ※大阪~宝塚間は丹波路快速とあわせて毎時2本→4本に
 →宝塚発着のJR東西線直通の快速を塚口駅発着に変更。
  ※尼崎~宝塚間は丹波路快速とあわせて毎時6本→4本に
[ 続きを読む » ]

神戸ルミナリエ(神戸市中央区)

1995年の「阪神・淡路大震災」犠牲者の鎮魂の意を込め、神戸市の復興への夢と希望を託すため、同年12月より開催されている光の彫刻ショーです。

 →三ノ宮駅・三宮駅
 →神戸ルミナリエ組織委員会オフィシャルホームページ

【Movie】神戸ルミナリエ2013 試験点灯 (撮影日:2013/12/02)
神戸ルミナリエ2013試験点灯

↓続きも写真あり ↓
[ 続きを読む » ]

鳳駅(堺市西区)

阪和線の堺市最南端にある駅で、堺市西区役所の最寄り駅です。快速が停車します。かつては特急や下り「はんわライナー」の停車駅でした。当駅からは東羽衣まで1駅を結ぶ阪和線支線である羽衣線が分岐し、南海本線羽衣駅との乗り継ぎや振替輸送に重宝されます。また、駅周辺は再開発地域となっており、数年後は駅ロータリーもでき、大きく変貌することが予定されています。

【Movie】4番のりばに到着する223系B快速新大阪行き(撮影日:2013/06/02)
阪和線鳳駅に到着する223系B快速新大阪行き

【Movie】4番のりばを発車する225系5000番台快速(撮影日:2010/12/01)
阪和線225系快速天王寺行き鳳駅発車

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]