山陽・九州新幹線最速達列車に「みずほ」採用

・山陽新幹線区間において「のぞみ」と同じ最速達サービスを提供
 →停車駅:新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多・熊本・鹿児島中央
  ※ほとんどの「のぞみ」は他に2~3駅停車するので実質最上位に。
  ※朝夕2往復ずつ運転予定。

・山陽・九州新幹線内の列車名「みずほ」「さくら」「つばめ」の使用方法
 「みずほ」→山陽・九州新幹線をまたがって運転する「最速達タイプ」
 「さくら」→山陽・九州新幹線をまたがって運転する、または九州内発着で運転する「速達タイプ」
 「つばめ」→九州内発着で運転する「各駅停車タイプ」

・2011年3月12日九州新幹線全線開業時の運転イメージ
 →新大阪~鹿児島中央間:「みずほ」か「さくら」1時間に1本程度。
 →新大阪~博多間:「のぞみ」か「ひかりレールスター」1時間3本程度
 →博多~鹿児島中央間:「さくら」か「つばめ」1時間に1本程度
 →博多~熊本間:「さくら」か「つばめ」1時間に2本程度
※「のぞみ」「ひかりレールスター」と「さくら」「つばめ」は博多駅で可能な限り同一ホーム接続

※詳細はJR西日本・JR九州プレスリリースを参照
(JR西日本)http://www.westjr.co.jp/
(発表資料)http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1175022_799.html

(JR九州)http://www.jrkyushu.co.jp/
(発表資料)http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/(リンク名は省略しています)
関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック