2011年3月12日JRダイヤ改正(JR西日本全般)

・新大阪~熊本・鹿児島中央間で山陽・九州新幹線直通運転開始
 →最速達タイプ「みずほ」4往復、速達タイプ「さくら」11往復が直通運転。
 →新下関~鹿児島中央間直通の「さくら」も2往復運転。
 →「のぞみ」「ひかりレールスター」と「さくら」「つばめ」が博多駅で接続。

・東海道・山陽新幹線「のぞみ」「ひかり」の自由席が禁煙車に
 →700系16両編成と300系の3号車、および700系8両編成の2号車自由席が禁煙車に。
  ※「ひかり540号」6号車自由席のみ喫煙車

・「のぞみ」の徳山駅・新山口駅の停車回数増加と姫路駅停車回数見直し

・「ひかりレールスター」サイレンスカー設定の取りやめ
 →「ひかりレールスター」チャイルドクッションもサービス終了。

・大阪・京都~北近畿方面特急列車への新型車両(287系)投入と運転体系変更
 →新大阪~福知山・城崎温泉間特急の列車名を「北近畿」から「こうのとり」へ変更。
 →大阪方面~北近畿タンゴ鉄道への直通を中止し福知山駅乗換に変更。
  ※大阪発着「文殊」「タンゴエクスプローラー」を「こうのとり」として運転
 →京都~福知山・城崎温泉間特急の列車名を「きのさき」に統一。
  ※「たんば」を統合
 →京都~東舞鶴間特急の列車名を「まいづる」に統一。
  ※「タンゴディスカバリー」を統合
 →京都~北近畿タンゴ鉄道直通特急の列車名を「はしだて」に統一。
  ※「タンゴディスカバリー」を統合
 →以上の特急について停車駅の一部を見直し。

・大阪~北陸方面の特急列車を「サンダーバード」に統一
 →485系使用の特急「雷鳥」を681系・683系に置き換え。
 →停車駅の一部を見直し。

・特急「くろしお」などの運転区間・停車駅の一部を見直し
 →京都~新大阪間を4.5往復から3往復に、白浜~新宮間を9往復から7往復に。

・特急「はるか」昼間時間帯の臨時列車6往復の運転取りやめ
 →1日30往復から24往復に見直し。

・特急「スーパーまつかぜ」の停車駅の一部を拡大

・大阪駅へ直通する新快速・快速の利便性向上
 →阪和線・大和路線・JR宝塚線から大阪駅へ直通する快速を増発。
  ※225系投入により関西空港・和歌山発着の関空・紀州路快速を毎時3本→4本に
  ※奈良方面発着の大和路快速を毎時3本→4本に
  ※宝塚方面発着の快速を毎時2本→4本に
 →琵琶湖線・JR京都線・神戸線の土休日すべての新快速を12両で運転
  ※225系投入により土休日の新快速は米原~姫路間すべて12両に
  ※平日の新快速も7割を12両に

・琵琶湖線南草津駅に新快速が終日停車

・阪和線昼間時間帯の運転体系見直し
 →天王寺~鳳間、関空・紀州路快速と区間快速などをあわせて毎時6本→8本に。
 →紀州路快速を日根野~和歌山間各駅停車に(朝通勤・夜間時間帯をのぞく)。
 →天王寺~日根野間に区間快速(鳳~日根野間各駅停車)を毎時4本設定。
 →天王寺~鳳間の普通を毎時6本→4本に。
 →鳳~和歌山間の普通を廃止。

・大和路線昼間時間帯の運転体系見直し
 →新今宮~王寺間、大和路快速と快速あわせて毎時6本→8本に。
  ※JR難波~王寺間の快速を毎時2本設定
 →奈良~加茂間の大和路快速を毎時3本→2本に。
 →王寺~高田間の和歌山線直通の快速を毎時3本→2本に。
 →JR難波~王寺間の普通の毎時6本→4本に。
 →王寺~奈良間の普通を廃止。

・JR宝塚線快速昼間時間帯の運転体系見直し
 →宝塚発着の大阪行き快速を毎時2本設定。
  ※大阪~宝塚間は丹波路快速とあわせて毎時2本→4本に
 →宝塚発着のJR東西線直通の快速を塚口駅発着に変更。
  ※尼崎~宝塚間は丹波路快速とあわせて毎時6本→4本に

※詳細はJR西日本プレスリリースを参照
(JR西日本)http://www.westjr.co.jp/
(発表資料)http://www.westjr.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2010/12/17/20101217_honsya.pdf


関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック