2011年3月12日JRダイヤ改正(JR九州全般)

・九州新幹線(鹿児島ルート)全線開業
 →新鳥栖駅・久留米駅・筑後船小屋駅・新大牟田駅・新玉名駅・熊本駅が開業。
  ※新鳥栖駅・新大牟田駅・新玉名駅は新規開業
  ※新鳥栖駅は長崎本線と接続
  ※筑後船小屋駅は鹿児島本線船小屋駅を移設・改称
 →新大阪・新下関~熊本・鹿児島中央間で山陽新幹線と直通運転開始。
  ※「みずほ」4往復「さくら」11往復の計15往復が新大阪直通
  ※新大阪~熊本間最速2時間59分 新大阪~鹿児島中央間最速3時間45分
  ※新下関~鹿児島中央間の「さくら」2往復運転
 →博多~熊本間毎時4本運転、博多~鹿児島中央間毎時2本運転。
  ※博多~熊本間最速33分 博多~鹿児島中央間最速1時間19分
 →「さくら」「つばめ」と「のぞみ」「ひかりレールスター」が博多駅で接続。
  ※直通列車含めてのフリークエンシー
   新大阪~熊本間毎時4本 新大阪~鹿児島中央間毎時2本
 →800系の指定席を4~6号車に、自由席を1~3号車に変更。
 →博多~鹿児島中央間の「みずほ」「さくら」に客室乗務員が乗務。
  ※沿線案内やワゴンサービスを提供 「つばめ」には乗務なし

・宮崎~鹿児島中央間の特急「きりしま」を8往復→10往復に増発
 →485系から787系に置き換え。
 →宮崎~鹿児島中央間最速1時間59分。
 →宮崎~博多間最速3時間33分(鹿児島中央のりかえ)。
 →霧島神宮・国分~鹿児島中央間の「きりしま」の見直し。

・豊肥本線熊本~・光の森・肥後大津間に快速「豊肥ライナー」13本運転
 →同区間普通列車と合わせて17本増発、毎時3本の時間帯を拡大。

・観光特急「指宿のたまて箱」「あそぼ~い!」運転開始
 →指宿枕崎線鹿児島中央~指宿間に特急「指宿のたまて箱」を3往復新設。
 →豊肥本線熊本~宮地間に特急「あそぼ~い!」を2011年4月29日より運転。
  ※土曜・休日を中心に1日2往復運転。
  ※キハ183系「ゆふDX」を改造。

・九州新幹線に並行する鹿児島本線特急の運転体系見直し
 →特急「リレーつばめ」廃止、「有明」は早朝・通勤・深夜時間帯に7本運転。
 →特急「リレーつばめ」「有明」の門司港・小倉~博多間は特急「きらめき」として運転。

・博多~久留米・大牟田間の快速を増発(一部荒尾発着)
 →博多~久留米間毎時3本(最速33分)、博多~大牟田間毎時2本(最速62分)をそれぞれ運転。
 →九州新幹線と接続する筑後船小屋駅に全ての快速が停車。
 →鳥栖~大牟田間の普通列車を毎時2本→1本に見直し。

・大牟田~熊本間のデータイムに快速「くまもとライナー」を11本運転
 →下りは大牟田駅で、上りは荒尾駅で、それぞれ博多直通の快速と接続。

・博多~佐賀間の特急を毎時2本→3本に(一部時間帯を除く)
 →特急「かもめ」と「みどり」「ハウステンボス」の併結とりやめによる増発
  ※783系で運転のすべての「かもめ」と一部「みどり」を787系に置き換え
 →新鳥栖駅にすべての特急が停車。
  ※長崎・佐世保方面と九州新幹線熊本・鹿児島中央方面との乗換が可能に
 →一部の特急「かもめ」、肥前山口駅通過に。
 →吉野ヶ里公園駅に「みどり」1往復停車(下りは「ハウステンボス」と併結)。

・485系で運転している特急「にちりん」「ひゅうが」を787系に置き換え。
 →今改正によりJR九州の485系による定期列車としての運行終了。

・特急「ドリームにちりん」を廃止
 →博多~大分間は特急「ソニック」、延岡~南宮崎・宮崎空港間は特急「ひゅうが」を運転。
  ※大分~延岡間の運転取りやめ

・特急「かいおう」の運転時間見直し
・特急「九州横断特急」「くまがわ」の運転体系を見直し
 →特急「九州横断特急」を熊本駅で系統分割し、熊本~人吉間を特急「くまがわ」として運転。
 →特急「くまがわ」1往復廃止。

・鹿児島・宮崎地区の「さわやかライナー」「ホームライナー」を特急列車として運転
 →延岡~宮崎・宮崎空港間は特急「ひゅうが」。
 →西都城・都城~鹿児島中央間は特急「きりしま」。
 →川内~鹿児島中央間は特急「川内エクスプレス」。
 →車両はすべて787系に。

・福岡都市圏~JR博多シティへの利便性確保
 →土曜・休日に特急「きらめき」増発、特急「かいおう」運転時刻繰り下げ。
 →データイムの福間~二日市間に普通列車を増発。
  ※快速・普通合わせて毎時7本運転する時間帯の拡大
 →増発・増結により朝通勤時間帯や土曜・休日の輸送力アップ。

・佐賀~博多間の快速を1本増発
 →平日朝通勤時間帯の快速は3本に

・データイムを中心に鹿児島本線北九州地区の快速・普通列車の運転本数見直し
 →準快速を快速(小倉~福間間各駅停車)として運転。
 →小倉~折尾間、赤間~福間間の快速を毎時3本→2本に。
 →赤間~福間間の普通列車を毎時4本→3本に。
 →データイムの福北ゆたか線列車の鹿児島本線直通は黒崎駅までに変更。

・大分地区の日豊本線・豊肥本線の列車本数の見直し

・宮崎~南郷間観光特急「海幸山幸」の宮崎駅発時刻を繰り上げ
 →日南地区の滞在時間が1時間延長に。

※詳細はJR九州プレスリリースを参照
(JR九州)http://www.jrkyushu.co.jp/
(発表資料)http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/(URL一部省略)


関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック