駅ホームでの自撮り棒・マイク禁止の理由は「列車との接触や感電」

JR西日本は、駅ホームでの自撮り棒(セルフィースティック)の使用を2015年9月19日より禁止にすると発表。
http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/09/page_7657.html

以下、一部引用。

ホームでの「自撮り棒」の使用を禁止させていただきます

 JR西日本では、安心してご利用いただける駅づくりとホームでの事故防止を目的に、新幹線および在来線のホームにおける「自撮り棒(セルフィースティック)」の使用を禁止させていただくことといたしました。
 「自撮り棒」を伸ばして使用されることにより、周りのお客様のご迷惑になるだけでなく、列車との接触や架線(電線)に近づくことによる感電などの危険性があるため、ホームでの使用を一律禁止とさせていただくものです。安全で快適な駅づくりに向け、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。



禁止する理由は、

 1.周囲の客に迷惑をかける
 2.列車との接触や架線に近づくことで感電の可能性

ということは、音鉄氏による、駅ホームの高いところに吊り下げられているスピーカに録音機材、つまりマイクを掲げる行為も引っかかるのではないかと思ったところ・・・
音鉄さん録音

4 その他
・ホームにおいて「長く伸ばした棒」(以下、長尺物)を使用することが危険であるという認識から、その他の長尺物(釣り竿、薙刀(なぎなた)、スキー板、弓、録音機材など)を高く掲げる行為につきましても、あわせて禁止させていただきます。
・駅や列車内への持ち込みおよびホーム以外での使用を禁止するものではありません。


ということで、駅ホームでスピーカーにくっつけて録音する行為も禁止となった。

北陸新幹線では開業当初から禁止となっていたが、今後、JR西日本の駅ホームの放送は、クリアに録音できなくなると思われる。
個人的には、あれは強風やバランス崩すなどして倒れると、列車にも他の利用客にも危険であると考えていたため、この規制は歓迎したい。

駅の雑音や乗客が邪魔することも含めての、鉄道風景の撮影と思っているので。
関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック