川越駅(埼玉県川越駅)

埼玉の小江戸と呼ばれる川越市にある駅です。JR川越線と東武東上線が隣接しています。
JR線では国鉄時代の昭和60年に埼京線が開通したと同時に川越線も電化され、池袋方面からの10両編成直通列車が来るようになりました。後に新宿、恵比寿と運転区間が広がり、平成14年度より東京臨海高速鉄道りんかい線の新木場駅まで乗り入れています。なお、反対側の高麗川(こまがわ)方面へは4両編成の列車に乗換となり、一部八高線八王子まで運転しています。
東武線ではJR線と比べて池袋までの距離が短いこともあって運転本数はJRよりかなり多く、東京メトロ有楽町線や副都心線との直通運転もあります。

発車を待つ205系快速恵比寿行。現在はりんかい線新木場駅まで運転区間が延長され、車両もE233系に置き換えられた。
(撮影日:2001/07/27)
川越駅プラットホーム
(撮影日:2001/07/27)

鉄道コム

関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック