南武支線(浜川崎線 JR東日本)

川崎市の尻手駅~浜川崎間を結ぶ別名「浜川崎線」と呼ばれる南武線の支線です。途中の八丁畷駅では京浜急行と接続しています。
ここで活躍していた101系電車は国鉄で初めてつくられたモーターの小さいカルダン駆動の通勤形電車ですが、205系電車にその任を譲り、2003年に引退しました。

当時に運行されていた101系電車が浜川崎駅に停車中
(撮影日:2002/01/12)
101系電車の後継として2両編成用に改造された205系電車が尻手駅に停車中
(撮影日:2002/10/15)

鉄道コム

関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック