高崎駅(群馬県高崎市)

北関東の交通の要衝として古くから栄えた高崎駅です。新幹線ができた現在でもその地位は揺るがず、上越⇔北陸新幹線の乗換や在来線からの乗換が多いです。
新幹線ホームには中央の通過線2線を除く4線が接しており、当駅折返し列車の設定もあります。なお、北陸新幹線で当駅を通過する列車は、長野方面の場合は通過線を走行して駅北側にある分岐側制限160km/hの分岐器より北陸新幹線に抜けていきますが、東京方面の場合は上りホーム2線のいずれかを70km/h程度で通過したあと駅南側の分岐器から上越新幹線の線路に合流します。

11番線に停車中の北陸新幹線E2系「あさま」。撮影当時は長野新幹線と呼ばれていた。
(撮影日:2001/03/10)
13番線に到着する上越新幹線200系「たにがわ」。その後改造されて先頭形状も色も変更されたが、運用から撤退している。
(撮影日:2001/03/10)

鉄道コム

関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック