岐阜羽島駅(岐阜県羽島市)

東海道新幹線で唯一岐阜県にある駅です。名古屋鉄道の新羽島駅がそばにあります。 新幹線のルート選定にあたり、当時の岐阜県出身有力政治家である大野伴睦氏が、東京オリンピック開催に間に合わせるために当初予定の鈴鹿峠越えを関ヶ原越えに変更された際、岐阜県に駅を作らせた有名な政治駅でもあります。
開通当初から不便な立地による利用客数低迷が続いていましたが、マイカーや団体旅行の普及で駐車場ができ、パーク&ライドで利用する客も多数存在します。

岐阜羽島駅の大野伴睦夫妻像
(撮影日:2001/07/25)
岐阜羽島駅入口
(撮影日:2001/07/25)

鉄道コム

関連記事
    

コメント


管理者のみに表示

トラックバック