最高320km/hで通過する東北新幹線

日本最速の最高320km/h運転を実施している東北新幹線。
ここでは宇都宮駅と那須塩原駅で通過する列車を紹介。

【最高速度】
宇都宮駅…275km/h
那須塩原駅…320km/h
【撮影車両】
E2系・E3系・E5系・E6系

【Instagram】那須塩原駅を通過するE5系

↓動画はこちら↓
[ 続きを読む » ]

225系5100番台が抜擢された新大阪発快速御坊行き

2016年7月1日に運用開始された阪和線用225系の2次車となる5100番台が、運用開始当日からきのくに線(紀勢本線)に直通する快速御坊行の運用に入った。
撮影日はその翌日。この日は、阪和線日根野駅までは後4両に1次車である5000番台が連結された。

【Instagram】225系5100番台快速御坊行の種別行先表示フルカラーLED

↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

289系特急「くろしお」が桜が見頃の阪和線山中渓駅を通過

桜が見頃の時期は花見客と撮影客で賑わう、阪和線の大阪府最南端にある無人駅の山中渓駅を通過する289系特急「くろしお」。
2016年は289系にとって初めての桜の季節を迎えた年となった。

【Movie】1番のりばを大音量の警笛を鳴らしながら通過する特急「くろしお」新大阪行。
↓Click to play↓
山中渓駅を通過する289系特急「くろしお」新大阪行

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

桜が見頃の阪和線山中渓駅を発着する紀州路快速

阪和線の大阪府最南端にある無人駅の山中渓駅。桜が見頃の時期は花見客と撮影客で賑わう。
ここでは2016年4月に撮影した紀州路快速発着の様子を紹介。

かつては当駅を通過していた紀州路快速であるが、現在は午前中の一部を除き停車する。

【Movie】桜が満開の阪和線山中渓駅を発車し、駅北側の山中川にかかる橋梁を通過する、223系紀州路快速大阪方面行。
↓Click to play↓
山中渓駅北側の橋梁通過の223系紀州路快速大阪方面行き

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

南海9000系特急「サザン」

2015年12月ごろから特急「サザン」で12000系の併結相手として運用を開始した9000系。 南海電鉄では、高野線でVVVF車と抵抗制御車の併結が数種類の組み合わせを見ることができるが、南海線では、撮影時点ではそのような組み合わせがなく、VVVF車と界磁チョッパ車の併結としてこの組み合わせが存在する。

【Movie】岸和田駅3番線に到着し、発車する特急「サザン」なんば行き(9501F+12001F)
↓Click to play↓
岸和田駅3番線に到着後発車する特急「サザン」なんば行き

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

南海8300系と1000系の併結運転

最近は珍しくなくなった南海本線8300系と1000系の併結運転を撮影。

【Movie】泉佐野駅を発車する区間急行なんば行き(8303F+1036F)
↓Click to play↓
泉佐野駅を発車する8300系・1000系区間急行なんば行き

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

天王寺駅阪和線1番のりばの特急「くろしお」(287系・289系)

特急「くろしお」、定期列車では存在しない天王寺駅阪和線ホーム1番のりば(阪和5番線)の発車を撮影。

【Movie】289系特急「くろしお」
↓Click to play↓
289系特急「くろしお」天王寺駅1番のりば発車

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

阪和線津久野駅に3ドア乗車位置目標

このほど阪和線津久野駅に3ドア乗車位置目標がついた。

普通列車のみ停車する当駅は通常103系・205系の4ドア車のみの停車であったが、このほど223系・225系が普通列車に使用されることに併せて、乗車位置目標が準備された。

なお、この記事では、強風によりダイヤが大幅に乱れたために普通列車の運用に入った223系が津久野駅に停車した映像も紹介。

【Movie】3ドア乗車位置目標がついた津久野駅プラットホーム
3ドア乗車位置目標がついた津久野駅プラットホーム

↓続きも動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

北大阪急行9000形9003F 運転開始

大阪市営地下鉄御堂筋線と直通運転している北大阪急行では、2016年2月27日より9000形(愛称「POLESTAR II」)のデザイン変更車である第3編成(9003F)の運転を開始した。

【Photo】北大阪急行9000形第3編成の行先表示LED
北大阪急行9000形第3編成の行先表示LED

↓続きに動画あり ↓
[ 続きを読む » ]

新設されたJR天王寺駅のLCD発車標

JR西日本天王寺駅に新設されたLCD発車標。
撮影日の2015年2月15日~17日現在、東改札口および東改札口から阪和線ホームへの跨線橋上、阪和線5番降車ホーム中央改札寄りに、それぞれ設置されている。
なお、中央改札口はLED式のままである。

【Movie】通常時のLCD発車標
東改札口と阪和線ホーム
↓Click to play↓
通常時のJR天王寺駅LCD発車標

↓遅れ発生時は続きに ↓
[ 続きを読む » ]

「鉄道むすめ 和泉こうみ」はいつまで続く?(泉北高速鉄道)

泉北高速鉄道では、2015年4月11日から、同日開催された「和泉中央駅開業20周年記念イベント」の一環として、7020系の1編成に「鉄道むすめ 和泉こうみ」とマスコットキャラクター「せんぼくん」のイラストのラッピングを施した電車を運行している。
運行期間は「当分の間」となっているが、現在も運行されている。
もしこれが1年間であればまもなく運行終了となるため、まだ見たことがなければお早めに!

【Movie】深井駅に到着する区間急行難波行
↓Click to play↓
泉北高速鉄道線深井駅に到着する7020系「鉄道むすめ和泉こうみ」ラッピング車区間急行難波行

↓続きはこちら↓
[ 続きを読む » ]

さようなら住吉公園駅 正月三が日ダイヤ(阪堺電気軌道上町線)

阪堺電気軌道上町線住吉公園駅が、2016年1月30日をもって廃止された。
天王寺駅前を起点とする上町線の終着駅として長らく親しまれてきたが、天王寺駅前~阪堺線浜寺駅前の直通運転が開始されるなど、徐々にその地位が失われはじめ、2014年からはそれまでの住吉公園行が阪堺線我孫子道行に変更され、当駅は午前中に数本の発着のみとなっていた。
そして2016年1月31日のダイヤ改正により、残っていた住吉公園行が我孫子道行に変更となり、当駅が廃止となった。
今後、当駅に隣接する南海本線住吉大社駅からの乗り換えは、阪堺線住吉鳥居前停留場までの徒歩連絡となる。
そんな住吉公園駅も、毎年正月三が日の住吉大社初詣輸送の際には臨時列車が増発されることもあり、この時期だけは昼間にも電車が発着していた。
この記事ではその様子を紹介。

【Instagram】正月三が日ダイヤの時刻表

【Movie】モ701形到着後、折り返し天王寺駅前行へ行先表示LED変更
↓Click to play↓
阪堺電気軌道上町線モ701形住吉公園駅到着後、折り返し天王寺駅前行へ行先表示LED変更

↓続きはこちら↓
[ 続きを読む » ]

リニューアルされた南海50000系特急「ラピート」

2015年6月より運転開始した、南海電鉄50000系特急「ラピート」リニューアル車。
従来車との相違点は
・VVVFインバータ制御装置の素子がGTOからIGBTに
・種別・行先表示器が幕式からフルカラーLEDに
・車内案内表示器がLEDからLCDに
特に表示関係は、日本語漢字、ひらがなのほか、英語、中国語(北京語)、韓国語(ハングル)の4ヶ国語に対応。

【Movie】特急「ラピートβ」関西空港行 難波駅発車前の車内案内LCD表示
↓Click to play↓
南海50000系リニューアル車特急「ラピートβ」関西空港行 難波駅発車前の車内案内表示

↓続きはこちら↓
[ 続きを読む » ]

12000系が代走する特急「泉北ライナー」

2015年12月5日より南海難波~泉北高速和泉中央間で運転開始となった特急「泉北ライナー」。2016年1月4日夕方の難波行以降、それまで11000系だった運用が、普段は南海線特急「サザン」(愛称「サザン・プレミアム」)で使用される12000系の代走運用に変更された。

【Movie】初めて南海高野線堺東駅通過3番のりばを通過する12000系で代走のなんば行
↓Click to play↓
堺東駅を通過する12000系で代走の特急「泉北ライナー」難波行

↓続きはこちら↓
[ 続きを読む » ]

復活した区間急行和泉中央行き 泉北高速鉄道5000系南海難波駅発車

2015年12月5日より運転が復活した、区間急行和泉中央行を南海難波駅で収録。

【Movie】2番のりばを発車する女性運転士の泉北高速鉄道5000系ハッピーベアル
↓Click to play↓
南海難波駅2番のりばを発車する女性運転士の泉北高速鉄道5000系ハッピーベアル区間急行和泉中央行

↓続きはこちら↓
[ 続きを読む » ]